食品添加物を知ろう

食品添加物とは   食品製造の際に添加する物質のこと。広義には食品包装に使われる樹脂などを、間接食品添加物として扱う場合がある。   食品の製造の過程において又は食品の加工若(も)しくは保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤その他の方法によつて使用する物」(4条2項)と定義されているもの。2006年(平成18)現在360品目の化学的合成品と、約1200品目の天然物がある。  <主な用途>      *食品の製造や加工のために必要な製造用剤      *食品の風味や外観、色合いを良くするための甘味料、着色料、香料など      *食品の保存性を良くする保存料、酸化防止剤など      *食品の栄養成分を強化する栄養強化剤  <分類>     天然の動植物から、化学合成ではない加工によって作るもの(約1200品目)        ・既存添加物(450品目)        ・天然香料(約600品目)        ・添加物として使用される一般飲食物(約100品目)     化学合成で作られるもの(360品目)        ・天然に存在する化学合成物 ビタミンなど        ・天然に存在しない化学合成物 コールタールから作られるタール色素など その是非  ~健康面について~   合成添加物は使用の歴史も浅く、安全性が疑問視されてきた。また認可前に行う各種安全性試験は、食品添加物を単品でのみ供試動物に投与  するものであり、一般消費者が、日々複数の食品添加物を摂取している現状で考えられる複合作用は試験されていない。   また、日本の基準と外国の基準はいまだ統一されていないため、輸入食品から日本では許可されていない添加物が検出されることがある。   日本では食品添加物は指定制度を取っているため、指定されていない添加物は「無認可」となり、安全性上の問題があって禁止されていると誤解 を持たれがちである。  ~添加する行為について~   食品添加物が加えられていることを嫌がる消費者も少なくないが、無添加食品が無添加でない食品よりも健康に良いという科学的証拠は実は全くゼロなのである。加えて、添加物を加えないと出来ない食品や添加物がないと製造できない食品も多く、食品添加物で必須成分を強化している場合もあり、一概にどちらが良いとは言えない。 主な添加物  1.甘味料  2.着色料  3.保存料  4.増粘剤、安定剤、ゲル化剤又は糊料  5.酸化防止剤  6.発色剤  7.漂白剤  8.防かび剤又は防ばい剤  9.乳化剤 10.膨脹剤 11.調味料 12.酸味料 13.苦味料 14.光沢剤 15.ガムベース 16.栄養強化剤 17.製造用剤等 18.香料 19.イーストフード 20.かん水 21.凝固剤 22.pH調整剤 23.消泡剤 24.抽出剤 25.防腐剤 危険な添加物  ≪防カビ剤≫  OPP  TBZ  イマザリル  ≪発色剤≫  亜硝酸ナトリウム    ≪着色料≫  赤色2号  赤色106号  青色1号  緑色3号    ≪酸化防止剤≫  BHA    ≪甘味料≫  アスパムテール  サッカリンナトリウム  サッカリン    ≪増粘安定剤≫  カラギーナン  トラガントガム

Copyright © All rights reserved.地産地消を考えて食卓と農地を再考する.